AGA治療で使われる医薬品は?

MENU

AGA治療で使われる医薬品は?

AGA治療で行うことの多い一般的な治療は、外用薬として育毛剤のミノキシジルと内服薬としてプロペシアの投薬治療があります。

 

どちらも発毛効果の高い治療方法ですが、医薬品になるため副作用の心配はあります。AGA治療は保険適用外の治療ですので、効果のあるミノキシジルやプロペシアを個人輸入する方法もありますが、副作用になった場合の対処方法や薬が自分の体質に合う合わないなど不安な点もありますので、自己判断で使うことは避けてクリニックで処方してもらうことが安心感があります。

 

多くの人では半年以降に発毛と効果がありますが、AGA治療は治療を止めてしまうとまだ薄毛に戻ってしまいます。ですので、長期的に安心して治療を受けるためにもクリニックで診察してもらって、発毛効果を見ながら治療を進めていくことが大切なのです。

 

ハゲでも魅力的な男性は多い

若い頃は相手の男性がハゲだと絶対に恋愛対象にはならないと思っていました。ですが40代になったらハゲでもそのハゲが実にしっくり合って大人の男性の雰囲気を醸し出している男性が多いことに気づいたのです。ハゲだからこそダンディな感じになるというのは珍しいことではありません。

 

外国人でも日本人でもそれなりの熟年層の男性はハゲが一つのスパイスになって男らしさが感じられる魅力の一つになっているのです。ですからハゲで悩んでいる男性の皆さんは、ハゲだからといって自信喪失していると、情けないハゲおやじになってしまうので常に自信を持って堂々としてみてはどうでしょうか。

 

きっと世界も変わって来るはずです。今の世の中、ハゲの男性に魅力を感じる女性もたくさんいますから安心してください。